合宿免許に行こうと思ったときの参考に、どこの教習所が良いのか・口コミやランキングはどうなのかなど、記事に書いていきたいと思います。

しかし、合宿免許の口コミやランキングを載せるといっても、「全国で1位~10位の教習所」というような形式は難しいので、読んだ人が自分で判断できるように、何を基準に選べば良いのかなど書いていきたいと思います。

良い合宿免許を選ぶ基準として、教習内容や取れる免許の種類はだいたい同じなので、教習所の場所や料金、キャンペーンや保証の有無、宿泊施設や食事などを考慮して決めるのが良いと思います。

合宿免許口コミランキング。どれを参考にしたら良いの?

キャンペーンや保証、料金の割引などあるのか?

合宿免許の口コミやランキングで、一番最初に気になるのが、料金やキャンペーンについてではないでしょうか?

合宿免許の料金は、通学で取る場合に比べて、安く設定されている教習所がほとんどです。

遠方からわざわざ免許を取りに来てくれるので、通学で来る生徒さんよりも重宝してくれている感じです。

なので、ホテルや旅館などの宿泊費、合宿期間中の食事も込み込みの合計の料金が、通学よりも安くなっているので、大変お得です。

しかも、早めに合宿免許を決めてくれた人、数人のグループで申し込んでくれた人など、5000円から10000円の割引をしてくれるキャンペーンを行っている教習所があります。

だいたいの教習所が、合宿に来るときの交通費まで支給してくれるので、もう至れり尽くせりですよね。

合宿免許のランキングで安い順に見ていったら、一番安い教習所は見つかるかもしれませんが、ただ安いで決めないほうが良いです。

口コミを見て、なぜそんなに安いのか調べたほうが無難です。

合宿免許で泊まれる宿泊施設や提供される食事について

合宿免許で泊まる宿泊施設には、ホテルや旅館、マンションタイプ、寮タイプなどいろいろあります。

ホテルや旅館の場合、教習所によってはいくつかグレードがあって、自分で選べる場合があります。

ただ、リッチでいいホテルの場合は、その分料金が高くなりますけど。

どんな施設でもいいって人は、食事も何も出ない素泊まりプランが一番安いです。

食事はスーパーやコンビニで買って自分で用意する必要があるので、栄養が偏って太ってしまうかもしれないので、その点は注意です。

また、旅館の場合、24時間温泉に入れるところとかもあるみたいです。学生さんには、温泉とかはあまり興味ないかもしれませんけど。
学生さんにおすすめなのは、ホテルプランですね。

朝食はバイキングで食べられたりするので、リゾートに泊まっている感があります。

教習所や宿泊施設など沢山あるので、合宿免許の口コミを掲載しているサイトや、ランキング形式で紹介しているサイトを参考にしたら良いと思います。

ただ、宿泊施設のランキングを基準に合宿免許を決めるのは難しいとは思いますが・・・・。宿泊施設の口コミはあるかもしれないので、参考にしてみてください。

合宿免許で取れる免許の種類や教習の内容は?

合宿免許で取得できる免許は、多くの人が取るであろう「普通自動車免許」はもちろん、バイクの中型免許が取れるところもあります。

バイクの中型免許を合宿でとれるところは、ちょっと少ないかもしれませんが、あるにはあります。

ほんとに数少ないのが、普通自動車免許と中型免許を、合宿で同時に取れるところもあるんです。

車の免許を取るだけでも大変なのに、バイクも一緒に取るのって大変じゃないんですかね?

一番面倒なのが学科だけど、同じ道路を走るから、内容はほぼ同じなのかも。
タクシーの運転に必要な2種免許を合宿で取れるところもあります。

仕事で必要な免許なので、短期間で確実に免許が取得できる合宿が人気かもしれません。

2種免許の費用を会社が負担する場合、免許費用は安いほうが良いので、合宿があるなら合宿を選ぶと思います。

まとめ

合宿教習所は全国にありまして、どこの教習所が良いのか迷うかと思います。

どこの県や地域が良いなど指定がないなら、合宿免許の口コミを掲載・ランキングで掲載しているサイトを見て、ここなら2週間合宿しても良いって思える学校を選べば良いと思います。

すでにどこどこの県がいいって決まっているなら(沖縄がいいとか、北海道がいいとか)、もっと話は早いです。

県内にもいくつか合宿教習所がありますので、やはり合宿免許をランキング形式で掲載しているサイトや口コミを載せているサイトなどを見て、決めるのが良いかと思います。

こちらのサイトにも全国の合宿教習所が掲載されています。口コミやランキングはありませんが、合宿中の写真が他に比べて多く掲載されているので、合宿中の雰囲気は伝わるのではないでしょうか?

検索機能もありまして、県ごとの合宿教習所も探せます。

時間があれば、一度見てみてください。
↓↓↓