車の免許の値段って、時期や条件によってこんなに違うの?
車の免許を取ろうと思うんだけど、免許を取る値段っていくらするんだろう?

20万なのか、30万なのか・・・。

いままで特に調べたことがなかったから全然わからないんです。

親が払ってくれるから、そんなに安い教習所を探しているというわけではないけど、一応車の免許の値段がいくらなのか調べておこうと思って。

車の免許の値段を調べてみると、時期や条件によってこんなにも違いがあるなんて思いませんでした。

私が調べてわかった車の免許の値段について書いていきたいと思います。

安易に決めちゃだめ。車の免許の値段は、合宿や時期で違うから

AT車とMT車の免許で値段が違う

念の為、説明しますと、AT車というのは、オートマティック車のことです。

オートマティック車は、ギアチェンジの必要がなくて、簡単に操作ができる車のことです。

対してMT車は、マニュアル車のことで、ギアチェンジが必要で、操作がAT車よりも難しくなっています。

最近はATの車ばかりになっているので、将来スポーツカーを運転したい・車を運転する仕事に就きたいって願望がないなら、AT車の免許で良いって意見が多いみたいですねー。

 

それで、車の免許の値段の違いについて、MT車のほうが、AT車よりも約1万円くらい高くなっています。

MT車のほうが学ぶことが多くて、授業の回数が多いのが理由だそうです。

値段の違いは、たった1万円なので、どちらとも乗ることができるMT車の免許を取っておいたら、将来選択肢が広がるのでいいって話です。

 

通学と合宿によって車の免許の値段が違う

車の免許を取るときに、大きく分けて、通学と合宿があります。

通学は、だいたい3ヵ月から6ヵ月くらい時間をかけて、自宅から何度も通って免許を取る方法。

合宿は、約2週間くらいの短期間で、ずっと泊まり込みで免許を取得する方法です。

普通に考えたら、合宿で車の免許を取るほうが値段が高いような気がしますけど、調べてみると合宿のほうが全然安くてビックリしちゃいました。

教習所にとっても、遠方から生徒さんに来てほしいんでしょうねー。

 

調べてみるとわかりますが、結構お得な条件で、合宿で免許を取る生徒さんを募集していますよ。

車の免許の値段でいうと、通学と合宿で、最大で5万円くらい違います。

約2週間学校を休んでも大丈夫って人は、合宿で免許を取るのがおすすめだと思います。

合宿できる教習所は、全国にあるので、自分の好みで選んでいけます。

すべての教習所で交通費全額支給とはいきませんが、半分や一部は支給されるので、安い値段で観光地にも滞在できて、教習の合間に観光もできてすっごく楽しいですよー。

 

免許合宿の場合、時期によって車の免許の値段が違う

合宿で車の免許をとる場合、入校する時期によって値段が変わってきます。

いわゆる繁忙期といわれるお客さん(生徒さん)が多い時期には、どこの教習所も値段が高くなっています。

春休みの2月・3月や、夏休みの7月・8月が、車の免許の値段が特に高い時期です。

生徒さんが少ない時期に比べると、最大で5万円くらい違ってきますので、

車の免許の値段を抑えたい人・繁忙期をズラして入校できる人は、ぜひ時期をズラしていきましょう。

春休みが終わった後の4月や、夏休みが終わった後の9月くらいが、比較的空いてる上に、時期もそこまでズレてないのでおすすめです。

 

まとめ:お得な値段で免許を取るには

車の免許の値段は、AT車かMT車かによって違いますし、

通学か合宿か、入校する時期によっても違うので、全部合わせると結構な金額の差が出てきます。

通いやすいからという理由で、近所の教習所にすぐ決めてしまうと、ちょっともったいないかもしれませんね。

全国の教習所から、車の免許の値段をチェックし、合宿で取れるのかチェックし、またどのような特典があるのかもチェックしたほうが良いと思います。

一個一個教習所を調べるのは大変なので、教習所をたくさん載せているようなホームページで、全部いっぺんにチェックするのが簡単で早いと思います。

以下のホームページは、写真がたくさん載っていて、教習中の雰囲気がとてもわかりやすかったです。

参考にしてみてください!
↓↓↓